介護保険で負担を減らす|安心の老後ライフを送る為に介護付有料老人ホームを調べよう
看護師

介護付有料老人ホームの費用の負担を保険で軽減しよう

認知症の受け入れについて

認知症患者の受け入れは基本的に要相談になっています。24時間でスタッフが常駐しているといっても常に監視している訳ではないため、どの程度の状況かを確認しておく必要があるのです。自傷行為、問題行動がなければ概ね入居可能となっているので安心して下さい。

介護保険で負担を減らす

女性

介護保険の特徴

介護保険にはいくつか押さえておきたいポイントがあります。40歳未満の方はどのような状況でも介護保険を利用することが出来ないという部分です。しかし40歳から65歳までの場合であれば特定の病気によって介護や支援を必要とする場合であれば介護保険を受けることが可能になっています。特定の病気以外で介護保険を利用出来る方は、要介護、要支援の認定を受けている方になるので注意しましょう。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは介護保険が適応されます。そのため介護サービスを利用した場合でも保険適応によって、支払う費用は1割負担でいいのです。介護付有料老人ホームに入居する為には施設の入居条件をクリアする必要がありますが、広島市には同じ介護付有料老人ホームでもいくつもの施設が存在しているため、介護認定が要支援の方でも入居出来る施設を見つけることが出来るでしょう。

介護専用型と混合型

広島市の介護付有料老人ホームには二つの種類があります。「介護専用型」と「混合型」の二種類があり、介護専用の場合だと質の高い介護サービスや特殊な設備も設けていることから要介護認定を受けている方のみ入居、という条件を出していることがほとんどです。混合型の介護付有料老人ホームは介護専用よりもレクレーションやリハビリといった部分を充実させ、要支援の認定者でも入居可能にしている施設になっています。

広告募集中